headband
汗かきの原因は・・・!?
HOME >> 汗かきと多汗症の違い〜多汗症〜

汗かきと多汗症の違い〜多汗症〜

※「汗かきと多汗症の違い〜汗かき〜」からの続きです。

リラックスしているのに汗をかく
汗かきとは普通の人でも汗をかくような状況下で、人よりもたくさんの汗をかくことです。

あるいは、汗をかくほどではない一歩手前の暑さの中でも汗をかいてしまうこともあるでしょう。


そんな汗かきに対しまして、多汗症と人いうのは、例えばご自身の部屋に一人でいるようなリラックスしている状況でも流れる汗を脇の下などにかいてしまったりします。

要するに、汗をかくような状況下に置かれてないのに汗をかいてしまうのが多汗症です。

ただ、他の病気が原因となって汗をかくケースもあります。それは、バセドウ病や急性リウマチなどがあげられます。


自律神経の乱れ
でも通常、多汗症と言いますと自律神経のバランスが乱れることが原因となって引き起こされる病気とされております。

これは自律神経系の一つである交感神経が、活発になる場面ではないのに副交感神経よりも優位になってしまって、発汗が過度に促進されてしまうわけです。


本来交感神経というのは、興奮状態にあるとか激しい活動を行っているときに活性化する自律神経なんですけどね。

自律神経のバランスというのは、ストレスを受けたり不規則な生活を送ることで、けっこう容易に乱れてしまいものです。ということは、反対に自律神経が安定すれば多汗症の症状も改善わけです


ストレスをため込まないように、そして生活習慣を見直して規則正しい生活を送るようにしたいものです。

pagetop

原因

症状

治療

対策

原因

症状

治療

対策

Copyright(C) 2012 汗かきの原因は・・・!? All Rights Reserved. FX相場変動