headband
汗かきの原因は・・・!?
HOME >> 汗かきの治療と手術のリスク

汗かきの治療と手術のリスク

※「汗かきと手術による治療」からの続きです。

リスクのある手術
汗かきの治療には、手術という方法があります。ただし手術をすれば、100%汗の悩みから解放されるというわけではないのです。

手術にはリスクがあります。考えられるリスクとしましては、大きな傷跡が残ることがあげられます。また、代償性発汗と呼ばれる問題もあります。

手術の結果、手の平には汗をかかなくなった代わりに胸部、腹部、臀部、大腿部などに従来よりも汗をかくようになってしまったというケースがあるということです。


※代償性発汗
身体の総発汗量は一定であるという考え方に基づき、手術で発汗がストップした部位に代わって(代償的に)他のところから汗が出るようになるという説です。代償性発汗の原因については完全に解明されているわけでは
ありません。


専門家に処方してもらいましょう
近年におきましては、手術の方法についても進歩しております。また実施される手術の方法によっては傷跡も小さなもので治まります。

と言いつつも、汗かきを治療するための手術は、発汗の源である汗腺などの皮下組織を取り除いたり、あるいは交感神経を部分的に焼くとか切るという行為が施されるわけです。


一旦手術が実施されればもう後戻りはできないわけでありまして、それはどんなに悪い症状が現れたとしてもです。また、汗が治まったとしても再発するケースがあるということも認識しておく必要があると思います。


手術の方法には、胸部(腰部)交感神経遮断手術、内視鏡胸部交感神経遮断手術(ETS)手術、わきがの手術などがあります


※手術の詳細につきましてはこちらをご参照ください。
>>汗かきと具体的な手術の方法<<

pagetop

原因

症状

治療

対策

原因

症状

治療

対策

Copyright(C) 2012 汗かきの原因は・・・!? All Rights Reserved. FX相場変動