headband
汗かきの原因は・・・!?
HOME >> 汗かきと具体的な手術の方法

汗かきと具体的な手術の方法

【具体的な手術の方法】

胸部(きょうぶ)交感神経遮断手術・・・胸部交感神経は、顔や脇の下、そして手の平などの汗をコントロールしておりますので、これを遮断する手術を行うことで発汗を改善します。

腰部(ようぶ)交感神経遮断手術・・・腰部交感神経は、足の裏の汗をコントロールしておりますのでここを遮断することで足の裏の発汗を改善します。

※交感神経を遮断する手術は、大がかりな方法となりますので患者への負担も少なくなく、術後の傷跡が大きくなる可能性もあります。また、代償性発汗のリスクもあるため、現在はあまり積極的に行われておりません。

内視鏡胸部交感神経遮断手術:ETS(Endoscopic thoracic sympathectomy)手術・・・主として手汗の改善のために行われる手術です。多汗症であれば、手掌多汗症ということになりますね。

この手術は、内視鏡を使って交感神経を切断することになります。具体的な方法としましては、まず脇の下に小さな穴を開けます。

その開けた穴へ、内視鏡を通してから内部の映像をモニターに映します。そして、モニターに映し出された映像を見ながら背骨付近にある交感神経を切断するわけです。この手術は両脇から行われます。


いかがでしょう?もしかしたら大がかりな手術に思われたかもしれませんね。でも実際に要する時間としましては、、全ての工程を含めても10分くらいのものです。

ということでこの手術は患者への負担も軽く、さらには術後の傷跡も小さく治まります。また、症状によっては日帰り手術もできますので、その場合はすぐに日常生活に復帰できますね。

手汗にはとても有効な内視鏡胸部交感神経遮断手術ですが、脇や顔の汗につきましてはケースバイケースということになります。


わきがの手術・・・剪除法(せんじょほう)に代表されるわきがの手術は、アポクリン汗腺と一緒にエクリン汗腺も除去されることになりますので脇の下の発汗の改善にも有効です。


※関連記事
>>汗かきと手術による治療<<
>>汗かきの治療と手術のリスク<<

pagetop

原因

症状

治療

対策

原因

症状

治療

対策

Copyright(C) 2012 汗かきの原因は・・・!? All Rights Reserved. FX相場変動