headband
汗かきの原因は・・・!?
HOME >> 病気が原因の臭い汗

病気が原因の臭い汗

本来は無臭の汗
夏が近づいてきて気温も上昇し始める季節、あるいは本格的な夏のシーズンを迎えるようになれば、これは誰しも汗をかく機会が多くなるわけであります。

このようの季節になりますと、例えそれが汗かきの人でなくても、やはり汗の臭いが気になってくると思います。


本来、汗というのは汗腺から滑らかに流れ出る水が主成分となっておりますので無臭のはずです。しかしながらこれは、あくまでも体調に問題のない場合のお話なわけであります。

ご自身の体のコンディションが悪い場合は、汗の成分にも影響が現れて、臭いのある汗が分泌されることもあります


内臓疾患やストレスが原因
もし汗にアンモニア臭がするというケースでは、肝硬変や腎不全などのような内臓の機能低下を疑う必要があるかもしれません

肝硬変にしても腎不全にしても、かなり重い病気なわけですから充分に気をつける必要がありますね。


肝臓や腎臓という臓器は老廃物を処理してくれております。ところが肝硬変や腎不全などで、老廃物が処理できなくなりますと血液中に残留してしまい、汗と一緒になって排出されることになります。

このようにして、老廃物を含んだ汗が、細菌と結合してアンモニアの臭いが出てきてしまうわけです。


また、痛風や貧血、ストレス、疲れが溜まっているなどの影響を受ける場合もあります

このようなケースでは、汗腺の機能が低下してしまい、本来体の中で栄養分として吸収されるはずのミネラルが汗とともに流出し、肝硬変や腎不全の場合と同じように、細菌と結合してアンモニア臭が発生することもあります。


※こちらに続きます。
>>>糖尿病が原因の甘酸っぱい臭いの汗

pagetop

原因

症状

治療

対策

原因

症状

治療

対策

Copyright(C) 2012 汗かきの原因は・・・!? All Rights Reserved. FX相場変動