headband
汗かきの原因は・・・!?
HOME >> 糖尿病が原因の甘酸っぱい臭いの汗

糖尿病が原因の甘酸っぱい臭いの汗

※「病気が原因の臭い汗」からの続きです。

アンモニア臭の汗
汗というのは本来、その主成分が水なわけですから無臭に近いはずです。

ところが病気が原因となって汗に臭いが付いてしまうことがあります。


例えば、汗にアンモニア臭がする場合というのは、肝硬変、腎不全、痛風、貧血などの病気が考えられます

また病気とは言えないまでも、ストレスや疲労の蓄積などから、アンモニアの臭いのする汗をかいてしまうことがあります。

また、汗にアンモニア以外の臭いが付く場合もあります。どのような臭いかと申しますと、甘酸っぱい臭いの汗をかいてしまうケースもあるんですね。このような場合は、糖尿病の疑いが濃厚です。


甘酸っぱい臭いの汗
糖尿病になりますと、ホルモンの一種であるインスリンの分泌が減少してしまいます。このインスリンは本来、糖を分解して消費してくれるのですが、それがままならなくなります。

そうなりますと、エネルギー源として糖を使うことができなくなりますので、代わりに脂肪が燃焼されるようになります。

脂肪が燃焼される際、甘酸っぱい臭いのケトン体と呼ばれる成分がたくさん出現してしまい、汗とともに流出してきます。これが甘酸っぱい汗の正体です。


糖尿病は、自覚症状も非常に少なく、また、進行すると合併症を引き起こして生命の危険もある病気です。甘酸っぱい汗を自覚するようであれば、すぐに病院に行っていただきたいと思います。

汗臭い病気の代表的なものとして、腋臭がありますが、実は大変に危険な病気が潜んでいることもあり得ますのでご注意ください。

pagetop

原因

症状

治療

対策

原因

症状

治療

対策

Copyright(C) 2012 汗かきの原因は・・・!? All Rights Reserved. FX相場変動