headband
汗かきの原因は・・・!?
HOME >> 手汗対策として効果のある塩化アルミニウム水溶液を作りましょう

手汗対策として効果のある塩化アルミニウム水溶液を作りましょう

※「手汗対策として市販されている制汗剤は効果がありますか?」からの続きです。

もし多汗症の一種である手汗にお悩みの方が、市販されている制汗剤を手汗対策として使うということであれば、脇の下用の効果の弱いタイプのものではなく、多汗症用の強いタイプのものを使わなければなりませんが、具体的には下記のようなものがあります。

【効果の強い制汗剤】
・オドレミン
・テノール液
・エキシウクリーム


塩化アルミニウム水溶液を作る
ただ、効果の強いタイプの制汗剤を先々も継続して使うということであれば、費用的な面を考えた場合、病院に行って専門医に塩化アルミニウム水溶液を処方してもらうと保険が適用されますので経済的です。

仮に、そういうことが面倒ということであれば、やはりインターネットの通信販売が便利ですよね。ネット通販なら、自宅にう居ながらにして入手できますから、購入するにしても非常にお手軽です。

塩化アルミニウムを通販などで購入して、ご自身で塩化アルミニウム水溶液を作ってしまうという方法もあります。ただし、この場合は濃度に対して細心の注意を払ってくださいね。そうでないと、副作用で悩むことになってしまいます。

ミョウバン水を作ってみましょう
また、多くの方が行っている方法として、焼きミョウバンを購入してミョウバン水を作るという方法もあります。ただし、制汗剤のようなもので一時的に手汗を抑えたとしても、その場しのぎでしかありません。

根本的な解決には程遠いことなんですね。例えば、同じ制汗剤を使い続けていると効果が失われてしまうこともあります。さらに言えば、新たなる皮膚のトラブルに見舞われてしまう可能性も否定できません。

制汗剤のようなものを継続して長期間使い続けるという行為は、あまりオススメすることはできませんね。

pagetop

原因

症状

治療

対策

原因

症状

治療

対策

Copyright(C) 2012 汗かきの原因は・・・!? All Rights Reserved. FX相場変動