headband
汗かきの原因は・・・!?
HOME >> 手汗対策として汗を止める効果を期待できる制汗剤のオドレミン

手汗対策として汗を止める効果を期待できる制汗剤のオドレミン

手汗対策に効果のあるオドレミン
日邦薬品工業株式会社という製薬会社がありますが、ここから販売されている制汗剤にオドレミンと呼ばれる製品があります。

このオドレミンという制汗剤は、汗を止めることの関しては非常に有名な製品でもあるんですね。

汗を止める手汗対策として、非常に効果があると評判なのであります。何しろオドレミンは、皮膚科などでも多汗症の治療に際して広く処方されているという実績もあるのです。

もちろん、オドレミンの効果が及ぶのは手だけにかぎらず脇の下や足などへの使用もOKなのです。

そして、肝心の使用方法についてですが、これまたとても簡単なもんでありまして、お風呂に入ってキレイに洗った入浴後、汗をかきやすい部位に適量を塗るだけなんですね。これだけの処置で、大量の汗を抑えることができるのであります。


個人差があるオドレミンの効果
オドレミンが汗対策として、大きな効果を得ることができたという患者さんがいるその一方で、実はあまり効果のなかったという方も現実には存在するのであります。

要するに、オドレミンの効果にはかなり個人差があるということになるんですね。ただし、こと手汗に関しては、オドレミンを使うことによって改善されたという方のほうが圧倒的に多いようであります。

そもそも手汗というのは、その人の精神状態が大きく影響することで発汗量が増えてしまうという側面があります。

このような方に対しては、オドレミンの直接的な効果もあるのですが、実はオドレミンを使うことから得られる安心感もまた大きいのであります。

実際に使った方のたちのお話では、オドレミンを使うことで不安感や緊張感が減少したと発言しているのです。ということでオドレミンは、手汗に悩む方に対して、精神面に良い影響をもたらしたわけですね。


塩化アルミニウムの含有率の問題
オドレミンの制汗作用というのは、この制汗剤に含まれている塩化アルミニウムの働きによるものなんですね。そしてオドレミンの塩化アルミニウムの含有率は13%となっているのです。

もし、オドレミンの使用でも制汗作用を得られないということであれば、もっと含有率の高い制汗剤を使うことで、制汗作用を得られる可能性はあります。

オドレミンは、ドラッグストアなどでも購入することはできますが、塩化アルミニウムの含有率がもっと高い制汗剤ということになりますと、皮膚科に行って処方してもらう必要があるでしょう。


ちょっと面倒かもれませんが、オドレミンでも効果がないということであれば、皮膚科に行って相談してみてください。含有率が20%程度の制汗剤を処方してくれるかもしれませんからね。

pagetop

原因

症状

治療

対策

原因

症状

治療

対策

Copyright(C) 2012 汗かきの原因は・・・!? All Rights Reserved. FX相場変動