headband
汗かきの原因は・・・!?
HOME >> 筋肉を鍛え副交感神経を活性化させることで抑制可能な脇汗

筋肉を鍛え副交感神経を活性化させることで抑制可能な脇汗

交感神経の機能亢進が原因の脇汗
大量の脇汗が流れ出る原因の一つに、機能が通常よりも高まってしまう交感神経の機能亢進をあげることができます。

ということは、活性化しやすい状態にある交感神経の反応を抑制することができれば、脇汗もまた、抑えることができる理屈になります。

活性化しやすい状態にある交感神経の反応を抑制するためには、薬で抑え込むことも可能なのですが、薬物療法以外にも副交感神経の反応を活性化させるという方法があるんですね。

そして副交感神経の反応を活性化させる一つの方法として、筋力トレーニングがあるのです。筋肉を鍛えることで、副交感神経の反応を活性化させることができるのであります。

副交感神経の反応を活性化させることで、結果とし脇汗を抑えることができるわけですね。


おすすめは体幹トレーニングです
筋肉を鍛えるための筋力トレーにニグには、色々な方法がありますが、副交感神経の反応を活性化させることを目的としてトレーニングを実行するのであれば、インナーマッスルを鍛えることができる背筋などの筋肉を強化する体幹トレーニングがおすすめと言えるでしょう。


インナー(Inner)は英語からきているわけですが、これは、皆さんもご想像がつくと思いますが、要するに「内部の」とか「奥の」という意味です。そしてインナーマッスルは、表層ではなく内部の筋肉ということになります。

また、体幹トレーニングについてですが、これこそ文字通り体の幹(みき)を鍛えるトレーニングになります。体の幹にある筋肉と言いますと、胸部、背部、腹部、臀部などの部位にある筋肉ということになりますね。


同時に活動しない二つの自律神経
自律神経は、交感神経と副交感神経の二種類の神経がバランスを取って機能しております。ところが、何らかの原因によって交感神経が活性化しやすくなってたくさんの脇汗分泌されてしまうわけです。

そして、ことでありますが当然の交感神経と副交感神経は、同時に活性化することはありません。ということは、交感神経を鎮めて脇汗を抑えるためには副交感神経を活性化させれば良いことは前述した通りです。

そして、副交感神経を活性化させやすくする方法として、インナーマッスルを鍛えることができる体幹トレーニングをおすすめているわけであります。

もし、脇汗でお悩みの方は、体幹に存在する筋肉であるインナーマッスルを強化する体幹トレーニングを実行してみてはいかがでしょうか?

pagetop

原因

症状

治療

対策

原因

症状

治療

対策

Copyright(C) 2012 汗かきの原因は・・・!? All Rights Reserved. FX相場変動